東京中央会のプロフィール

新たな飛躍のために -中小企業組合へのアプローチ-

 中小企業を取り巻く経済環境は目まぐるしい変化を続け、そのため様々な課題にスピーディーな対応をとることが求められています。
 産業・経済の中心である首都東京にあって、その対応にとりわけご苦労されている中小企業の皆様にとって、自社の持っている経営上の強みを最大限に活用するため、不足している経営資源を補いあう「組織化」という方法で対応することが、有効かつ最適ではないでしょうか。
 中小企業が今後更なる発展を遂げていくためには、自らの日頃の経営努力が必要であることは言うまでもありません。しかし、努力にも自ずと限度があります。
 組合は、同じ目的を持つ中小企業者が相集い、自助努力だけではなく、時には関係諸官庁からの公的支援を受けつつ、相互扶助の精神のもと、事業経営の充実強化を図っていく組織です。
 昔から、組織化の団結・協調の必要性は、戦国の武将・毛利元就の「三本の矢」の故事来歴や、ことわざ「三人寄れば文殊の知恵」といった言葉でたとえられ、弱者であっても団結することによって長所を伸ばし、他者に負けない体制を築くことができることを端的に言い表しています。
 中央会は、このように中小企業同士が手を組んで、経営の課題に立ち向かっていく方法、企業連携によるネットワークの活用を提案しています。
 個々の中小企業が抱えている経営課題は異なり、求めている企業連携の目標・活動方法も様々であり、その形態も任意グループのように緩やかな組織から、行政庁の認可を必要とする中小企業組合まで様々な組織があります。この厳しい時代にあって企業の新たな飛躍のために、企業連携をご検討してみてはいかがでしょうか。
 連携組織の設立・運営などのご相談・ご活用をお待ちしております。

中央会は、企業連携をサポートします

 中小企業団体中央会は、昭和30年9月、中小企業等協同組合法の改正により「中小企業等協同組合中央会」として誕生しました。その後、昭和33年4月、中小企業団体の組織に関する法律の施行に伴い「中小企業団体中央会」と名称を変更し、現在に至っています。なお、平成18年2月には創立50周年記念式典を開催し、これを節目に新しい時代に向かって邁進して行く所存であります。
 中央会は、わが国事業所の大半を占め、かつわが国経済社会の基盤を形成している中小企業の振興発展を図るため、中小企業の組織化を推進し、その連携を強固にすることによって、中小企業を支援していこうとする団体です。それにより、中小企業の設備の近代化、技術の向上・開発、経営の合理化、融合化その他の中小企業構造の高度化の指導及び業界の安定を図り中小企業を取り巻く取引環境を改善するなど、中小企業の抱えている様々な不利を是正するための役割を担っているのです。
 現在の中央会の組織は、都道府県ごとに1つの中央会と、都道府県の中央会をとりまとめる全国中小企業団体中央会(以下「全国中央会」という)で構成されています。
 都道府県中央会の構成員は、都道府県に存在する事業協同組合、事業協同小組合、企業組合、信用協同組合、商工組合、協業組合、商店街振興組合及びこれらの連合会、その他の中小企業関係団体となっています。また、全国中央会の構成員は47都道府県中央会のほか、全国を地区とする中小企業関係組合、団体等が加入していて、現在、都道府県中央会と全国中央会の会員団体数の合計は、約35,000団体を超えています。
 このように、中央会は各種中小企業関係組合等を網羅的に組織した総合指導機関であり、中小企業組合をはじめとする連携組織の利益を代表し、その発展を図ることを使命としています。
 そのため、中央会では、中小企業の健全な発展を図るために組織化指導をはじめとする各種支援・施策を行うほか、中小企業及び組合等を取り巻く諸問題の解決を図るために、中小企業対策に関する建議・陳情等、様々な政策提言活動を行っています。